【仮想通貨終了】仮想通貨15万→3万になって学んだこと

2017年〜2018年とヤンヤヤンヤと騒がれた仮想通貨ですが、みなさんは買いましたか?

僕はそのブームに乗って計15万ほどつぎ込みました。

 

たくさんの億り人たちを見つめるなか、僕自身は最終的に-12万。

手元に3万だけが残り、仮想通貨人生を一旦終了しました。

 

周りからはブームに乗った愚か者だと笑われるだけですが、僕自身はいい社会勉強だったと感じました。

人生で大切なことを12万で学んだと思えば、めちゃくちゃ安いです。

 

今回はそんな体験の自分語りです。

仮想通貨をはじめたきっかけ

そもそも仮想通貨をはじめたきっかけはというと、当時の同僚の誘いでした。

その頃は僕も「仮想通貨?詐欺でしょ!」とか思ってた派でした。

 

でも、同僚に誘われてからいろいろと調べてるうちに未来の可能性を感じました。

僕はずっと新しい産業に関わりたいと思っていました。

漁業や運送業、そして情報通信業(IT)が登場して、次はFintech(送金)と言われていました。

 

なので、仮想通貨にめちゃくちゃ興味を持ったのです。

 

元々パチンコや競馬、宝くじなどギャンブルでは全く勝ったことがなく、ハマったこともない僕なので仮想通貨に対してギャンブル要素はありませんでした。

投資の勉強ができればいい!という気持ちでまずは5万突っ込んでみました。

 

ビギナーズラック。ゲームのように簡単に増える金

先ほどもいいましたが、最終的には15万突っ込んで、手元に残ったのは3万です。

希望から絶望までその過程をご紹介しましょう。

まずは最初の5万円。

仮想通貨=ビットコインしか知らなかったため、とりあえずCoincheckで買ってみました。

すると、連日プラス、プラス、プラス・・・。

 

 

なんのボーナスタイムだ!?と本気で思っていました。

すごく怖いことなのですが、未来は明るくて全てがうまくいくと思っていました。

 

そこで調子に乗ってさらに5万円を追加。

この5万円はビットコインの信用取引に使いました。

信用取引とは、入れた金額を保証金にして数倍の取引をすることです。

 

5倍までかけられたので5万円で、25万を運用してることと同じことになります。

プラスもマイナスも5倍ということです。

 

信用取引はデイトレードみたいなもので、1分どころか数秒ごとに金額が変わるんです。

数分後に+5000円なんてことが当たり前に起きていました。

このことで調子に乗った僕は、信用取引に5万全力で突っ込んだ状態(25万円分の取引)で寝ました。

 

明日になったらいくらになってるかな♪

なんて馬鹿なことを考えながら。

 

はじめての絶望。

次の日の朝、目覚ましを止めるとスマホに大量のメール。

「証拠金維持率が50%となっています」

超寝起きの悪い僕が一瞬で目が覚めたことを覚えています。

このメールには80%→70%のように段階があって、死刑宣告みたいなものです。

 

残高を見ると補償金として預けていた5万円は0円に。

なにが起こったのか理解できませんでしたが、のちのちわかるのはこの日は大暴落の日。

 

本気で会社を無断欠勤しようかと思いました。

パチンコやる人からすると5万円消えることは日常茶飯事のようですが、

僕にとっては本当に吐き気がするほど辛い出来事でした。

 

幸い追証(あとから追加で入れないといけないお金)はなかったのでよかったですが、辛い経験になりました。

 

ここからは「堅実に行こう!」と決め、さらに追加5万円を投入(この時点で堅実ではない)

ここからはビットコイン以外のアルトコインと呼ばれる部類のものに投資をはじめました。

 

そこでグイグイきていたのが、ネム【XEM (NEM)】です。

ネムは順調に値上がりを続けていたので、持ち続けていれば勝てる!と確信していました。

 

2度目の絶望

ネムの価格が上昇しているから、5万円の損なんてすぐに取り返せる!!とおもっていました。

 

そんな思惑から数ヶ月後「NEMの入金について」というメール。

もしかして爆上げくるの!?とか思ってたら、悪夢の始まりでした。

 

Coincheckのネム流出騒動に見事に巻き込まれました。

ネム以外のコインもすべてロックされ、引き出しは不可。

仮想通貨の信用は下がり続け、損していくことをただただ見守る日々。。。

 

騒動は落ち着いて、その後ネムは88円という金額で戻されましたがそれでも損。

ちなみにこの記事を書いてる今は4円になりましたw

 

その後は、アルトコイン以外の草コインと呼ばれる、超マイナーコインに投資し続けました。

もうここまで来たら、仮想通貨の可能性というよりは引き際がわかっていなかっただけなんです。

 

仮想通貨をゴリ押ししていたインフルエンサーたちはすでに仮想通貨の話題など一切しない。

でも、そんな中でもいつか返り咲くんだ!!と願って、ずっと手放すことはなかったです。

 

引き際を知らぬ猿になった。

このときでも6万円分ほどの仮想通貨を持っていました。

しかし、時間がたつにつれ全ての通過の価値は下がる一方。

 

先日、総資産を計算してみた結果3万円になっていました。

冷静に状況を見つめ直した結果、もうここから返り咲くことはないだろうと思いました。

 

仮想通貨はチューリップバブルの再来だとも言われていましたが、それを加味すればたかがチューリップに価値などありません。

政府も介入した仮想通貨に未来はないだろうと判断して、日本円に戻しました。

 

実質これで仮想通貨引退です。

でも、仮想通貨を悪くいうつもりはありません。

 

むしろ、夢を見せてくれてありがとう!!と言いたいです。

生きている間にこんな歴史的なトラブルに巻き込まれたなんて、なんてロマンティックなんだ。としか思っていません。

 

ブロックチェーンや、たくさんの技術はこれから先も必ず生きる技術だと思います。

またいつか、仮想通貨に再開できたら最高だね。なんて思ってます。

 

仮想通貨バブルという歴史の中にいた

こんな体験談を話すと、「おいしい話には裏がある」などと言われます。

でも、それは結果論です。

 

僕はチャンスに対して怖じけずかずにチャレンジしたこと、そして損はしたけど生きていることを自分自身で評価しています。

結果だけをみて批判する人間とは、これから先も関わることがないので興味がないんです。

 

僕の場合、損失はたかが12万円です。

いろんなうまいものが食えたり、PCが買えたり、海外旅行もいける金額です。

 

もったいない!

なんて言われますが、こんな体験を12万円でできたことは僕にとって宇宙旅行よりも素晴らしいことです。

 

仮想通貨をやっていたときは毎日が本当にドラマティックでした。

会社の疲れやストレスなんてどうでもいいくらい、チャートが癒してくれたんです。

 

こんな体験はもうこの人生ではできないかもしれないですね。

そして、この出来事が学ばせてくれたことはとても大きく偉大です。

独立する僕へ向けての花向けだったと感じています。

 

仮想通貨バブルが愚かな僕に教えてくれたこととは

 

上がったものは下がる

調子のいいときは続かない。幸せは続かない。

調子がいいときはそこそこで売り逃げて、調子悪い時は早めに損切りする大切さを学んだ。

いつまでも登り続けるものなんてない

調子のいいときほど、小さな幸せで満足しとくべき

 

常に物事は変化するということを念頭において、大怪我しないような癖をつけるようになりました。

チャレンジすることは大事だけど、自分の生活の最低ラインは守りつつ攻めることが大事。

 

そして、不幸も続かないと思っています。

 

自分が特別ではない

仮想通貨で調子がいいと過信や傲慢が溢れ出てきました。

俺はできる!と思いっきり勘違い。

自分が儲けるラインをつかんだような気持ちでいましたが、世の中の人と同じことをしてただけでした。

チャートを読めていたわけでもなく、ただの偶然で少し成功しただけ。

自分の凡人さを痛感しました。

 

一喜一憂することは無意味

仮想通貨をはじめとする投資において、大切なことは無心だと感じました。

少しの金額の上下で喜んだり、凹んだりしていてはキリがありません。

特に悪い状況のときには泥沼化してしまいます。

 

常にドライに平静でいることは仕事でも重要。これから先どんなことがあってもブレない心を持ちたいですね。

 

ゴールドラッシュで儲けるのは商人

これはよくある話ですが、金山掘りが流行ったときに一番儲かったのはツルハシを売った商人だと言われています。

ブームに群がるのではなく、ブームに群がる人たちをお客さんにする考えはすごく大切。

これからの人生でもいろんなブームが来ると思いますが、その中でも誰を顧客にするかという視点は常に忘れないようにしたいと思います。

 

エピローグ

残った3万は日本円で出金して、自分のためのものを買おうと決めた。

とりあえず、欲しかったAirpodsを買ってみました。

この記事もAirpodsで音楽を聴きながら書いています。

 

とても素晴らしいアイテムですね。これからの僕の仕事をする上でのパートナーになります。

 

そして、最後に。

これは、12万円を失った僕が泣きながら書いています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です