都内から2時間!埼玉県秩父の『満願ビレッジ』でトレーラーハウスキャンプをしてきた。

真冬にキャンプにいってきました。

さすがにテントは寒すぎるので、トレーラーハウスがあるキャンプ場を選びました。

 

それが埼玉県秩父にある、満願ビレッジキャンプ場です。

※本記事の出典:満願ビレッジ公式サイト

山に囲まれた静かなキャンプ場で最高でした!

 

キャンプ初心者にもおすすめしたい場所です。

実際に満願ビレッジに泊まってきた感想をまとめてみましたので、参考にしてもえらたら幸いです。

料金について

今回はアメリカンスタンダードBというトレーラーハウスへ泊まりました。

2名のレギュラーシーズンなので13000円(税別)

これがトレーラーハウスの最安プランですね。

 

土日だとオン料金になります。平日が空いてるしおすすめ!

満貫ビレッジキャンプ場の特徴

このキャンプ場の魅力はこれ!

山に囲まれたトレーラーハウス

トレーラーハウスとは、キャンピングカーの後ろの部分だけを置いた感じ。

キャンピングカーっぽさを楽しめつつ、中が広く快適なのが特徴です。

満貫ビレッジでは、トレーラーハウス3タイプの他にウッドデッキもあります。(もちろんテントサイトも)

個人的には絶対トレーラーハウスをおすすめします!

初心者向け

トレーラーハウスはなんといっても初心者に優しい。

キャンプグッズはレンタルもできるので、ほとんど道具がなくても大丈夫です。

>>レンタル品一覧

 

ZUMA
初心者でも持っていったほうがいいものは後述

真冬も大丈夫!ビニールシートが何気に良い

地味に嬉しいポイントがこのビニールシートでした。

トレーラーハウスのすぐ隣にテーブルデッキがあります。デッキ全体がビニールシートで覆われています。

紐で止めるタイプですが、これのおかげで風避けができます。

 

 

風が吹いていると初心者には火を起こすのもの大変。

さらに皿が飛んでったり、やんややんやとトラブルが多くなります。

 

 

僕が行った時も割と強風でしたが、このシートのおかげでほとんど風に影響されることはありませんでした。

多少の雨ならこれでしのげるのですごくいいポイントですね。豪雨は多分きついですけどね。

温泉施設も近い

歩いて5分くらいの位置に秩父温泉 満願の湯という温泉施設があります。

温泉券もついてくるので、キャンプ前に温泉いくのも良し、次の日に行くのも良しです。

 

 

『のだめファン』には嬉しい土地

ちなみに、のだめカンタービレの作者である二ノ宮知子さんの出身地らしいです。

受付ではのだめをはじめ、漫画を無料でレンタルすることができます。

 

 

トレーラーハウスの中はこんな感じ

今回はアメリカンスタンダードBに泊まりました。


ベッドは、二段ベッド(上シングル、下セミダブル)

それに加えてソファーベッドがあります。

 

4人くらいは寝れる感じです。

広々使うなら、2人くらいで泊まるのがベスト。

 

エアコン、石油ヒーター付きなので、室内は非常に暖かいです。

ストーブを外に出してみましたが、ビニールシートがあるとはいえほぼ暖かくなりません。

冬はしっかり防寒していったほうがいいです。

 

そして、ユニットバスで、かなり狭め。(すごく暗い写真になってしまった)

トイレの音も割と聞こえるので、その辺気にしないような相手といくほうがいいですね。

トレーラーハウスなのでこんなもんだろう!という程度です。十分綺麗です。

 

蛇口からはお湯も出ます。洗い物などもできるので便利。

ちなみに火災報知器があるので、室内でタバコは吸えません。

 

これだけは用意しといたほうがいいもの

受付でレンタルできるものも多いですが、自分で用意しておいたほうがいいものを紹介します。

 

ライター

火を起こすためのライターは自分で準備しておくほうが無難です。
風を防ぐことができるので、ライターでも火をつけやすいと思いますが、バーナー型だともっと楽ちん。

着火剤もセットで持っていくと早く火をつけることができます。

ホームセンターやドン・キホーテで買えます。個人的に炭や液体タイプではなく、ダンボールっぽい紙タイプがおすすめです。

 

炭は2人なら3.5kgあれば十分です。

人数が多い場合は5kg以上用意しておいたほうが無難かもしれません。

 

ZUMA
僕は余った炭は家の消臭剤にしています。

食材

こちらのキャンプ場で用意してもらえるものもあるみたいですが、食材は自分で準備することがキャンプの醍醐味です!

後述するスーパーなどで買い揃えておきましょう。

 

タオル

意外と忘れがちなタオル。トレーラーハウスにシャワーはついてますが、タオルは常設されておりません。

温泉に行くことも考えて多めにタオルを持ってきておくといいでしょう。

 

ゴミ袋

最低2つあればOKです。ゴミ袋はいろんな用途で使えるので、多めにあって損はないはず。

 

売店も充実

薪やタレなど基本的なものは販売しています。お酒なんかもありました!

 

肉は売ってないので注意!

 

スタッフも親切丁寧

受付にいくとスタッフの方が親切に案内してくれます。

キャンプ初心者でわからないことがあれば遠慮なく聞きましょう。

 

ゴミやマナーに関する注意はしっかり聞くように。

ZUMA
キャンパーとして周りに迷惑をかけない!

 

ここはゴミの分別も少なくてやりやすく、泊まりやすいキャンプ場だと思いました!

 

都内から2時間くらいでこれる!

新宿から高速を使って寄り道せずにいけば2時間程度で着くことができます。

僕は横浜からでしたが、それでも3時間かからないくらいです。

近くて行きやすいのも魅力ですね!

 

ちなみに、チェックインは14:00からでした。早くついても入れないので、チェックイン時間を確認してから行きましょう。

 

都内から首都高を乗り継いでくると、分岐がすごくわかりにくいです。

iPhoneの標準マップや、Googleマップはカーナビとしては少し不便。

 

カーナビ搭載車でいくか、助手の人にしっかり道案内を頼みましょう。

 

寄っといたほうがいい周辺施設

近辺の寄っておくと良いポイントを紹介します。

ZUMA
ちなみに僕は帰りに寄りました。

スーパー ヤオコー

肉、野菜、酒、お茶、日用品などほぼ全部ここで揃います。必ず寄りましょう。

ダイソーもくっついているのでかなり便利。

 

所在地: 〒369-1412 埼玉県秩父郡皆野町皆野1838−1

道の駅 みなの


地域の野菜や、お酒、鹿肉などが販売されています。

キャンプ前にぜひ寄ってほしいところ。

所在地:〒369-1412 埼玉県秩父郡皆野町大字皆野3236−35

 

隣接してるレストランのうどんも美味です!田舎のうどんって感じでうまかったです。

 

ちなみに、キャンプグッズを買っていきたいならドン・キホーテがおすすめ。

近辺にはないので、都内などで寄ってからいくほうがいいです。MEGAドンキがなお良し!

 

愛用グッズを紹介します。

持っとくと便利だ!とおすすめできる愛用グッズを紹介します。

火起こし筒

これは1個持っておくとほんとに便利。

 

まず着火剤など燃えやすいものに火をつけて、この筒の中に投下。

その上に炭を重ねていくだけ。しばらく放置するだけで炭に着火することができます。

筒が煙突の役割をして、上昇気流でガンガン燃やしてくれるようです。

 

七輪

BBQ台は常設したものがあるんですが、個人的に七輪が好きです。

人数が2人くらいなら七輪でゆっくり焼肉食うのもいいですよ。

ただ、テーブルに直置きは絶対にダメ!焦げます。

下にレンガなどを敷いてから七輪をおきましょう。

 

七輪を使い終わったら絶対に水をかけてはいけません!急激な熱の変化に弱いので、自然に冷めるまで待ちましょう。

 

今回やった料理

ちょっと久しぶりのキャンプだったんですが、いくつか料理にチャレンジしてみました。

が、ことごとく失敗の日でした。。。

 

タンドリーチキン

前日より仕込んだタンドリーチキンを食べました。

仕込みまではよかったんですが、完成はイマイチ。。。

そのうち簡単にレシピ記事でも書こうかな。

 

燻製(大失敗)

予定にはなかったものの、燻製の道具があったので急遽作ってみました!

が、大失敗。。。

いつもはうまくいっていたはずなのに、6Pチーズがドロドロに!品質変わったのかな・・・?

6Pチーズの燻製は銀紙を全部取りはらわず、上だけあけておくほうがいいかも。

 

ZUMA
ちなみに、玉子はうっすら燻製の匂いするゆで卵でした。

 

BBQ

主に野菜と肉を焼くだけ、失敗するわけもなく成功!

ちなみにこの戸村のタレっていう焼肉のタレはほんとにうまいので是非試してみてほしい。

焼肉屋でもこれに勝てるタレないんだよな〜。

 

温泉チケットもついてくる

先ほども紹介していますが、満願の湯の温泉チケットもついてきます。

 

中には食事処や売店もあるので、一度見てみるといいかも!

野菜や酒を買い忘れたらこちらで!
地元のワインなども取り揃えています。

 

今回借りたレンタカーはこちら

ニコニコレンタカーを使用してみました。車種はカローラスパシオです。

レンタル(36時間)保険付きで、こんな感じ。

ご利用コース    :  1泊+1日(36時間以内)
オプション     :  なし
補償制度      :  免責補償プラス
お見積り額     :  13,340円(会員価格)

 

車体自体はそんなに綺麗じゃないですが、普通に使えます。

カーナビがオプションとなっているので注意が必要です。

 

ガソリン代

今回は、買い出しに少し寄り道をした程度です。走行距離は340kmくらいでしょうか。

ガソリン満タンで、3,980円でした!

 

評価としては◎

満願ビレッジキャンプ場は、また行きたくなるキャンプ場です!

トレーラーハウスはほんとに快適でした。真冬でも十分楽しめるキャンプ場です。

 

テントサイトも魅力的ですが、トレーラーハウスもめちゃ楽しいです。

興味ある方はぜひとも行ってみてくださいね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です