真のアフィリエイターに触れると、みんな優しく誠実だった。社会人に必要なことはアフィリエイトが教えてくれる。

どうも、電気イルカ(@eleiruka)です。

 

「アフィリエイト」という言葉、詐欺っぽいイメージありませんか?

一般的にはそんなイメージが強いですし、僕の周りでも怪しいアフィリエイターはたくさんいました。

 

でも、真のアフィリエイターに出会って話を聞くと、とても印象が違います。

会社勤めで出会ってきた上司たちと比べても、人間性が明らかに違いました。

 

それは、Youtubeで活躍されているアフィリエイターさんたちもそうです。

彼ら・彼女らの言葉にはすごく重みがあると感じます。

 

もちろん、それも含めて詐欺だ!と思う人もいるでしょう。そこは人それぞれです。

僕の肌感ですが、何かを否定する人って「やったことない人」が大半だったりします。

 

電気イルカ
ちなみにうちの母ちゃんがこれです

 

そんなアフィリエイターについて、僕が感じたことを書いてみたいと思います。

 

偽アフィリエイターは腐る程いる

地方に住んでたときは偽アフィリエイターがたくさんいました。

「アフィリエイトしてる」「自由業」「スマホだけで稼ぐ」「毎月お金が入ってくる」「副業で稼ぐ!」

などなど。

 

そういう人は共通して、バカでした。言い方悪いけど、それしか言えないんです。

地方は所得が低いのですが、低脳はそういうところでひっかかって、さらに金がなくなるようです。

宮崎県の離婚率が多いのもこれが原因かと思っています。

 

大抵そういう人たちの正体はネットワークビジネスにひっかかったカモでした。

 

【ネットワークビジネス】儲け話をしてくる低脳にはこんな言葉をかけてみよう!

 

真のアフィリエイターは手法を語る

広告業の仕事をはじめてから、本当のアフィリエイターに出会う機会が増えました。

会社の上司も元々個人のアフィエイターです。

 

しっかり、ASP(A8や、afbなど)と、契約して自分たちの媒体で商品を売るアフィリエイトです。

真のアフィリエイターは個人に商品を売りつけてくることはありません。

 

しかも「儲かるよ」なんて軽々しくいう人は一人もいませんでした。

 

全然稼げなくて、試行錯誤した中で「こうしたら制約とれたよ!」と手法を教えてくれるのです。

変化の激しい業界なので、その手法が通用しなくなっていることも多いのですが、自分の苦労やノウハウをリアルに語ってくれたんです!

 

それは記事のタイトルの付け方や、ターゲットの絞り方など、基本的なことからちょっと変わったテクニックまで。

あとは、売れている記事の分析方法など、本当に地道な努力の末に語れるノウハウを聞きました。

 

アフィリエイトに関する本はたくさん出ていますが、アフィリエイターたちが抱えているノウハウは書籍に収まるほどの小さくはないんだと感じました。

 

基本的に「本当に優しい人」という印象。甘い人はたくさんいましたが、優しい人はこの業界に入ってから出会った気がします。

 

アフィリエイターが教えてくれた仕事に対する意識

アフィリエイターは個人で活動される方が多く、競合も多いです。

毎日死に物狂いで戦って、収益が出るかどうか。

 

むしろ、低賃金の会社で窓際族をやっている方が100倍楽なはずです。

自分自身もアフィリエイトをして思いますが、100円稼ぐ難しさを感じます。

100円稼ぐ難しさを考えると生活がどう変わるかというと、150円のジュースを簡単に買わなくなるんです

 

これはとても大事な意識で、無駄をなくすということです。

仕事でも同じことを言えますが、利益を出しても無駄な支出が多ければ手元に残るお金は少なくなります。

逆に支出を抑えることで、少ない利益でも手元にお金を残すことができます。

 

この意識が身につくと、電気の無駄遣いや紙のムダ使いも目につくようになります。

悲しいことに人件費の無駄も目につくようになります。

 

アフィリエイトは1から仕事を作ります。

  1. 売る商品を選ぶ・用意する(ASPと契約)
  2. 売る場所を用意する(WordPressの設置)
  3. 売れるように手を加える(最適化)
  4. 無駄を省く・管理

 

これはまさに、一人で会社をやってるようなものです。

そうすると、無能上司が高い給料をもらっていることが、目に見えてわかるようになってくるんです。

 

僕の場合は特に、歳を重ねただけの無能役員が会社にいることが、毎日ストレスになりました。

純粋に利益を追求しようとすればするほどに、切り捨てるべきものが見えてくるんです。

 

でも、これはとても大切な意識だと思い、僕自身は大切にしています。

だから、友達とは仕事をしないんです。切る勇気なんてないから。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です