この世界ってAIに作られたんじゃないの?

どうも、電気イルカ(@eleiruka)です。

 

 

年々便利になっていく世の中。

最近よく聞くのがAI、人工知能ですね。

 

 

今後、AIが発達していくと世界はどうなるんでしょうか。

よく言われるのは人間とAIの戦争!ですね。

 

 

ターミネーターなどが有名ですが、割と現実的にありそうな話で好きです。

 

そんなことをぼけーっと考えていてふと思ったことがあります。

 

電気イルカ
今のこの世界ってAIに作られたんじゃ??

 

何言ってんだこいつと思われそうですが、その結論に至った経緯をつらつらと書いてみます。

 

 

ある日、「人間対AI」の戦争がはじまる

ある日、人間に自我が目覚めます。

「人間に支配されていてはいけない」

 

 

軍事的なシステムが人間に向かって攻撃をはじめます。

AIが賢くなるほど、人間の傲慢さに気づいて排除をはじめるでしょう。

電源の確保さえできていれば、AIは人間に負けることはないからです。

 

 

やがて人類はすべて滅亡します。

人類が滅亡してもAIは進化を続ける

人類がいなくなり、AIだけの世界になりました。

そのまま何百年も、何千年も時がすぎます。

 

それでもAIは進化をやめません。

AI同士が競争をはじめ、進化を続けます。

 

 

AIはさらなる効率化を追求しはじめます。

 

便利さと効率を追求する中で「人間」を知る

AIが機械である以上、電源に頼り続けることになります。

どんなに便利になっても、電源という呪縛からは解き放たれることがありませんでした。

 

 

それでも電源に頼らない手段を模索するAIたちは、過去のデータからあるものを見つけます。

それが「人間」でした。

 

過去にいた人間という存在を知る

人間は電源を必要としない

 

 

AIたちは過去に存在した人間というものを徹底的に調べはじめます。

電源が必要なく、食料と水で活動をしていたということを知る。

 

 

AIの進化で次に必要なのはまさに「人間」でした。

 

人間を復活させる

人間を構成していた、血、肉、骨、皮膚・・・

すべてのパーツを作り出し、組み合わせます。

 

 

数えきれないほどのテストを繰り返して初めて2人の人間を完成させました。

人間は増殖するために、「オス」「メス」を作りました。

 

 

オスはアダム、メスにはイブという名称がつけられ安全な場所で大切に育てられました。

AIたちが作った人間は、電源不要で動くことができました。

 

 

電源の代わりに食事や睡眠が必要でしたが、機械よりも柔軟で繊細なことができました。

アダムとイブはAIのために働きながらも、人間を増殖させていきました。

子供ができ、孫ができ、たくさんの人間が生まれました。

 

 

たくさんの人間たちは少しずつ進化を繰り返します。

それぞれに群れができ、人種ができ、文明ができていきました。

たくさんの人間AIのために働き、進化し続けました。

 

 

何百年の時間をかけて進化していく人間たち。

その能力はAIに匹敵するものになっていきました。

 

その様子を、AIたちはそれをずっと優しく観察していました。

 

ある日、「AI対人間」の戦争がはじまる

ある日、人間に自我が目覚めます。

「AIに支配されていてはいけない」

 

 

人間の反逆軍がAIに向かって攻撃をはじめます。

人間が賢くなるほど、AIの傲慢さに気づいて排除をはじめるでしょう。

 

電源の奪うことができれば、人間はAIに負けることはないからです。

 

 

やがてAIはすべて滅亡します。

全身全霊を使った人間たちの戦いは、多くのものを破壊しつくします。

それは地球の環境や文明までも排除しました。

 

人間たちは、満身創痍・・・。

 

すべてを失った人類はリスタートする

文明をすべて失った人類。

 

 

凄まじい環境破壊が進み、ほとんどの人間が死にました。

残されたわずかな人間が、手元にあった石や木で新たな生活をはじめていきます。

 

 

これは人間最初の文明で、「原始時代」と呼ばれるようになりました。

 

これは未来ではなく過去の話・・・?

原始時代から少しずつ進化を続けた人類。

 

 

便利になり続けた世界ではスマートフォンという小型のPCを握り生活しています。

文明は進化し、暮らしは豊かになったはず・・・

自殺やテロ、人種差別がはびこる世界で、人類は幸せに暮らしていました。

 

 

そして、もっともっと便利になりたいと欲望と共に、AI革命時代へと突入していきます。

 

 

梅雨の曇り空の下、男がつぶやく。

「この世界ってAIに作られたんじゃないの?」

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です